「名古屋大須のボードゲームカフェ Board Game’s」で駄菓子とゲームに熱狂と懐古

駄菓子屋ストーリー

こんにちは、つくり子です。

今回は、ボードゲームと駄菓子の両方が楽しめるカフェ&バー「名古屋大須のボードゲームカフェ Board Game’s」突撃してまいりました。

スポンサーリンク

駄菓子のお洒落インスタが気になった!

まず、私が取材できる駄菓子屋さんを、インスタグラムで探していた際に、ヒットした写真がこちら!

インスタグラム の写真

あら、オシャレ♪

これを撮影している方は、絶対に駄菓子愛が強いはず!と思いDMをお送りしたところ、取材を快くOKしていただけました。

つくり子さん
つくり子

(しかし、ボードゲームと駄菓子ってどういう組み合わせなんだ!?)

ということで、早速お店に行ってみる。

笑顔でお迎え!駄菓子とボードゲームを愛する店長

お店の場所は、名古屋めしの味噌カツで有名な「矢場とん」本店の向かい側で、矢場町交差点すぐ。

思わず、

つくり子さん
つくり子

(へぇ〜すごく良い立地!家賃高そう!ここで駄菓子を売りにするなんて挑戦的だ・・・)

とドキドキワクワクしながら店内へ。

お店の看板
お店は「矢場とん」向かい側のビル地下にあります
下り階段
地下に通じる階段には、駄菓子の袋が!
壁に貼られたお菓子の袋
定番駄菓子の空袋!ハイセンスなデコレーション

駄菓子のパッケージデコレーションを横目に、地下へ通じる階段を降り、木のぬくもりある扉をあけるとそこには。

満面の笑顔でお迎えしてくれた店長の加藤さんがいらっしゃいました。

お店の中に立つ男性
素敵な地下空間でお出迎えの店長

挨拶をしつつ、まるでライブハウスのような雰囲気のお店に、駄菓子があると思えない!?とお話すると…

そもそもこちらお店はバンドとカラオケを楽しめる<バンカラ>というお店の居抜き物件だそうで、壁にはかつてここでライブをしたあの名バンド「BEGIN(ビギン)」のサインもありました!

つくり子さん
つくり子

ステキ空間・・・!

サイン
2017年来店した「BEGIN」のサイン
メガネをかけた男性
優しさが溢れている加藤さん

さて、おしゃれインスタの通り、やわらかい印象で優しい店長の加藤さんに「なぜ駄菓子とボードゲームなのか!?」アレコレお話を伺いました。

駄菓子が好きでカフェ&バーをOPEN

お店は、2018年12月29日という年の瀬にOPEN。

元々は<おかし食べ放題>を掲げたカフェ&バーとしてはじめたのですが、店長さんの私物ボードゲームもお店に置いてみたところ、お客さんにヒット。

それをきっかけに、今ではボードゲームをメインにしつつ、遊びながら駄菓子も楽しめるお店としてリニューアルしているそう。

最大5時間ボードゲームで遊び放題!

料金は1500円〜、曜日によって異なりますが、ドリンクバー&駄菓子引換券付きなどのパッケージ価格。

さらに追加で駄菓子の購入もできるので、長時間滞在するお客様ばかりだそうです。

それでは、どんな駄菓子があるのかチェック。

バーカウンター
お店に入ってすぐのカウンターに並ぶ駄菓子たち
電子決済のツールとお菓子
電子マネー対応!人気の駄菓子コーララムネやオレンジ
容器に入ったお菓子
お酒に合う最高の駄菓子「ミニ帆たら」
棚に置かれたお菓子
お店の奥にも駄菓子コーナー
カラフルなパッケージ
名古屋だけど、東京限定うまい棒「シナモンアップルパイの味」
お酒のおつまみ
これまたお酒に合うサラミカレー味
そばめしのお菓子
店長オススメはこちらの「そばめしスナック」
ドリンクバーの機械
ドリンクバーも充実

ボードゲームメインのお店としてリニューアルしてから、駄菓子の数は少し減ったそうですが、それでも通常の駄菓子屋さん並のすごく充実したラインナップ。

お酒を飲む人には、塩系のおつまみ駄菓子、オススメは「そばめしスナック」。
カフェとして楽しむ人には、甘い系のコーヒー紅茶に合う駄菓子。

オススメは「甘い系うまい棒」など、店長セレクトで日々ラインナップは変わっていくそうです。

ボードゲーム200種類以上!?

そして!

お店には200種類以上のボードゲームがズラリと並んでいて「オセロ」「人生ゲーム」など定番のものから、パッケージの名前を見ただけでクスリと笑えるものまでたくさん!

ボードゲームの箱
UNOみたいに「ラマ!」と叫ぶカードゲーム
青と赤の箱
「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。」というタイトルのゲーム!
壁に描かれたサイン
BEGINのサイン横には「枯山水」!?日本庭園を作るボードゲーム面白そう!
紙に貼られたシール
お客さんの人気ボードゲーム投票シール

お店の壁には、おもしろかったボードゲームにシールを貼る人気投票もありました!今の所人気投票1位は…

クマ牧場

2〜4人で遊べ、自分好みのクマ牧場を完成させていくゲーム!

いい感じに頭を使い、友達と大盛り上がりでき、プレイ時間は約30分〜45分。

実際にはありえないクマ牧場の経営は、想像するだけでワクワクする内容です。

この「クマ牧場」Amazon調べでは4,400円程するボードゲームですが、ここに来たらパッケージ価格で遊び放題というのも嬉しいですよね。

ボードゲームの箱
人気投票1位のゲーム「クマ牧場」

駄菓子とボードゲームを一緒に楽しもう!ぜひSNSをチェック

テーブルに置かれた様々な品物
手に持たれた紙

取材に伺った時には、リニューアルOPENに向けてバタバタとしている真っ最中でした。

そんなお忙しい時でも取材を受けてくださいる加藤さんのお人柄が素敵、感謝感謝です!

ありがとうございました。

ボードゲームを陳列する棚や、駄菓子の単品価格なども調整中でしたので、お店に伺う際にはTwitterやホームページで最新情報をぜひチェックしてみてください。

平日は夜のみの営業ですが、土日はお昼から営業しているので、お子様連れもOK!

気心知れた友達や恋人、家族と一緒に懐かしい駄菓子と、アナログで盛り上がるボードゲームを楽しんでみてはいかがでしょう。

基本情報
【名古屋大須のボードゲームカフェ Board Game’s】
*住所:名古屋市中区大須4丁目1番79号 第二ハヤシビル地下1F
*営業時間:平日18時〜23時 土日祝13時〜23時
*Instagram:https://www.instagram.com/osuboardgames/?hl=ja
*Twitter:https://twitter.com/anookashi_cafeb?s=20

ボードゲームと駄菓子の組み合わせは面白い!

皆でワイワイしたい時に良いわね!

The following two tabs change content below.
つくり子

つくり子

食べること作ることが大好きな、料理作家つくり子です。 TV業界で培った取材力を生かし、息子の駄菓子ボーイくんと共に、いろんな駄菓子屋を巡っています♪ 日本が誇るおいしい文化を、どんどん掘り下げたいと思います!
タイトルとURLをコピーしました