東京・分倍河原「駄菓子屋なまあず」〜子供達と共に作り上げる駄菓子屋〜

駄菓子屋ストーリー

今回訪れたのは東京・分倍河原。

京王線で新宿駅から20分程度、高尾山近くのこの街に降り立つのは初めてだが、下町感が溢れ、東京とは思えない穏やかさが心地よい。

この度取材させていただいたのは、分倍河原駅から徒歩で20分弱、閑静な住宅街の中にひっそりとたたずむ駄菓子屋さん「駄菓子屋なまあず」だ。

スポンサーリンク

旦那さんのことを想い始まった駄菓子屋

店内に並ぶ駄菓子
圧倒的な収納力です。
壁にかけられたおもちゃ
子供心ドストライクなおもちゃたち

今回取材に応じてくださったのは、店主の石塚さん。

遠いところからよく来てくれましたと、素敵な笑顔で迎えてくだった。

今野 隆吾
今野

(いえいえ、大好きな駄菓子屋さんになら、どこまででも行きますとも・・・!)

そんな熱い想いを胸にまずはお店を始めたきっかけを伺った。

お店を開かれたのは2012年。

ご病気になってしまった旦那さんがお仕事ができるようにと、息子さんが駄菓子を仕入れてきて、畳一枚程のスペースで駄菓子屋さんを始めたのがきっかけ。

全く初めての業界、最初は仕入れから計算から、子供と接することまで、何もかも初めてで戸惑いの毎日だったが、それも徐々に慣れ、だんだんご主人も楽しめるようになってきた、と石塚さんは語る。

 

子供達と共に歩む駄菓子屋

店内に置かれたたくさんのおもちゃ

ご主人が亡くなられた後は石塚さんがお店を切り盛りするように。

元々は事務系のお仕事に就かれていたとのことで、当時のご主人と同じく毎日が試行錯誤の連続のよう。

石塚さん
『私もずっと事務系の仕事をしていて、駄菓子のことなんてさっぱり分からなかったから、今も戸惑いの連続ですよ。
商品もどんなのが良いか全然分からなかったけど、子供が色々リクエストしてくれるんです。

「今度あれ買ってきて!」
「最近流行ってるあれが食べてみたい!」

って。子供達の要望に応えるのは大変だけど、喜んでくれるから』

控えめな笑顔で語る石塚さん。

「駄菓子のことは詳しくないから・・・」と謙遜されているが、品揃え・レイアウト共に他の駄菓子屋さんに引けを取らないし、何よりおもちゃが豊富だ。

今野 隆吾
今野

おもちゃの数がすごいですね!

僕も見たことないものばかりです。

最近の子供達はこういったものが好きなんですね。

石塚さん
『そうそう、安く楽しく遊べるようにね。子供のリクエストを聞いてなるべく揃えるようにしていますよ。』

なるほどここは、「子供達と共に作り上げていく駄菓子屋さん」なんだな。

緑色のおもちゃ
でもそのあとは仲良くな!

駄菓子・おもちゃを愛する子供達のために

商品が入ったカラフルな箱
豪華おもちゃとお菓子も陳列。
プラスチック容器に入ったお菓子

前述の通りお店を始められたのは2012年と、比較的新しい駄菓子屋さんということもあり、興味があってお聞きしてみた。

今野 隆吾
今野

あの、最初にお店を始める時って、問屋さんはどうやって見つけるんですか?

石塚さん
「ここから近いところにが問屋さんがあってね、いつもそこに行っていますね。
自転車で積める分だけ買って、ここまで持ってきているの。」

今野 隆吾
今野 隆吾

ご自身で運ばれているんですね。

大変だ・・・

歩いて数十分の距離を自転車とはいえ、駄菓子とおもちゃを積んで帰ってくるのは相当大変なはず。

それも楽しみに待っている子供達のためだと思うと、熱いものが込み上げてくる。

石塚さん
「一度にたくさんのものをまとめ買いするときは、少し遠くにある大きな問屋さんに行っています。
そこは前職の人が外出時にたまたま見つけて教えてくれたの。
子供に欲しいものをノートに書いてもらって、いつも必死に探していますよ。」

少しずつ、でも確かに、受け入れられ、愛されていく

白い紙に描かれたイラスト
オリジナルガチャも
粉上のお菓子

落ち着いた静かな住宅街にあることもあって、開店当初は駄菓子屋さんであることも気づかれなかったそう。

それから徐々に地元の小中学生の子供達が通い始め、最近ではホームページを見て遠方から訪れてきた人もいらっしゃるのだとか。

石塚さん
『ちょっと前に、「自分も将来駄菓子屋さんを始めるから、お店を見させてほしい」と言ってきた人がいましたね。うちが参考になるのか分からなかったけど、とても熱心な方でしたよ。
それに、最近問屋さんに行くと、「私も将来駄菓子屋さん始めたいんです」って言ってくれる若い主婦の方が多くてね。
「若いから長くお店ができて羨ましいわ!」なんて言ってますよ!」

そう言って笑う石塚さん。

いやいや、石塚さんもまだまだお若い。ご本人が望まれるなら、まだまだお店を続けていただきたい。

それに、駄菓子屋さんを始めたいという主婦の方が多いことには驚いた。

まだお顔もお名前も知らないが、いつか本当に駄菓子屋さんをオープンした暁には、ぜひ全国駄菓子屋巡りで取材させていただきたい。

黄色いカゴに入ったお菓子
こたつで近々に冷えたさくら大根、いかがですか?
駄菓子のプチネタも紹介。
小さな工夫が光るお店です。
はんこ
近くで営業していたハンコ屋さんのハンコを引き取ったのだそう。
この辺で急遽ハンコが必要になって困ってる方はぜひ駄菓子屋なまあずへ。
グミのお菓子
生産終了になった超ひもQを発見。
まだ別れを告げていない方、今がチャンスです!
缶を模したお菓子
わずかなスペースもしっかり活用。
【基本情報】
駄菓子屋なまあず
住所:東京都府中市美好町2-25-8
営業時間:14:00~18:00
定休日:不定休
ホームページ:http://dagashiya-namazu.jpn.org/
ツイッター:@namazudagasiya

子供たちへの愛情がすごいわ!
駄菓子屋さんを始めたい方、結構いらっしゃるのね!

The following two tabs change content below.
今野 隆吾

今野 隆吾

株式会社アナザーパス取締役兼全国駄菓子屋巡り編集長。 ちなみに”コンノ”じゃなくて”イマノ”。 駄菓子との本格的なお付き合いは大人になってから。 散歩とタピオカ(特に黒糖)が好き。 最近は写真撮影と動画制作がすごく楽しい。 使用機材はSony α7iiiとDJI Osmo Pocket。
タイトルとURLをコピーしました