神奈川県川崎市の駄菓子屋「ことりどう」〜しあわせってのは、こんなところにあるのかも〜

取材記事

このたび訪問したのは、府中街道沿い、中原小学校と等々力緑地のちょうど中間、

目にあざやかな青色と白のひさしが目印の、昔ながらの駄菓子屋さん「ことりどう」

店名が書かれた看板とお店の入り口

ポップでありながらもどこかシブい店構えに、ひとまず店先で悶える。

スポンサーリンク

90年のあゆみ、「小鳥堂文具店」が駄菓子屋「ことりどう」になるまで

白い看板に赤い文字で書かれた店名

もともと御歳88になるご主人のお母様が戦前より切り盛りされていた「ことりどう」

小学校の真隣という立地もあって、はじめは文具店としてオープン。

その頃は店の前が畑と林で、いつも「小鳥」のさえずりが賑やかに聞こえる場所で、そのことが店名の由来になったとか。すてき。

戦争のとき、5年ほど休業を余儀なくされるも、店構えや商品を少しずつ変えながら、今日まで続いてきました。

90年の年月を経て
「小鳥堂文具店」→「ことりどう」(現在)に。

あかるく味わい深い店内

所狭しと並べられた駄菓子

それほど広さはないものの、間口が広く、通りから店内のすべてが見渡せるオープンな間取り。

壁にかけられた昔のおもちゃ
箱で仕切られたお菓子

品揃えは、馴染みのある王道駄菓子を中心に。

昔からあるものをなるべく変わらず出すよう心がけているそう。

プラスチックの入れ物に入ったカラフルなお菓子

とは言っても、中には製造中止になってしまう駄菓子もやっぱりあって、店にはそんなかつての名駄菓子たちを惜しむ記事も。

長年のお付き合いへの感謝と、製造者へのリスペクトが感じられます。

壁にかけられた新聞の切り抜き

新しいものをどんどん取り入れていくお店もある一方、“変わらないでいること”って、なかなかけっこうむつかしい。

置かれた昔の人形

そんな店内のあちらこちらには、「ことりどう」の歴史と、愛されてきた足跡が垣間見えます。

木製のそろばんとイラストが描かれた旗
飾られた昔の写真
子どもが書いた手紙とキャラクターのイラスト

雑誌や新聞の取材、胸の温かくなるお礼の手紙やサインがそこかしこに。

小さい子どもが書いたメッセージカード

90年というと、馴染みのお客さんも三代にわたる。

長くやってきて、幾度かお店を畳もうと考えたこともあるそうですが、こんなに愛されていたら、なるほどおいそれと畳むわけにはまいりません。

町の駄菓子屋さんが存続していく道…

それは、我々が日頃からいかにその店への定期的且つ熱烈なラブコールを送り続けるかにかかっていると言っても過言ではありません

むろんラブコールむなしく惜しまれつつも泣く泣く閉店…という場合もあるわけですが(´;ω;`)ウゥゥ

しかし「この店に来るのを楽しみにしている子どもたちがいる
という事実は、お店にとって何よりも強い後押しとなるはずだと、信じたい。

駄菓子屋・ことりどうは川崎フロンターレのお膝元

スポーツチームの名前が書かれた横断幕

実は「ことりどう」、お店の目と鼻の先に、川崎フロンターレのホームグラウンドがあるんです。

だからかーーー(さりげなくお店に並ぶフロンターレグッズたち・・・!)

サッカー選手の写真

ご主人と奥様も、フロンターレファンとのこと。
おふたり揃ってよく試合も観にいくんだとか。(仲良し。)

でもずっと見ているのは奥様曰くちょっとくたびれちゃうらしく・・・
「私は途中で帰ってきちゃうの(笑)半分見たらジュウブン」なんだそう。

手塚みつ子
手塚みつ子

・・・こ、後半戦は????)^o^(

マァ、いっか。

でもホント、それくらい「すぐそこ」にあるんです。

イルカのイラストが描かれた旗

もう一度言っておきたい

お店の入り口

みんな、最後にもう一度。このエントランスの愛らしさを見て。

青色と白の配色で織りなされるこの絶妙な落ち着き、品の良さ。百点です。

青と白の配色がされた店の入り口

嫌味のない可愛さというのかな、ベストオブ入り口。

空に映え、景観に馴染む最高の店構え。

最初見た時「ことりどう」の文字と、ひさしの青とが相まって、ふとメーテルリンクの「青い鳥」を思い出してしまいました。

そうそう、幸せってのは、案外こんなところにあるんだよね。  ってね。

瓶に入れられた昔ながらのおもちゃ

みんなが考えているより、ずっとたくさんの幸福が世の中にはある。
たいていの人は、それを見つけられないだけなんだ

(モーリス・メーテルリンク著「青い鳥」)

正面を向く夫婦

【基本情報】
*住所:〒211-0068 神奈川県川崎市中原区小杉御殿町1-992
*営業時間:08:00~18:00
*定休日:なし(不定休)

素敵なご夫婦!今は販売されていない駄菓子に想いを馳せられるのも良いわ!

The following two tabs change content below.
手塚 みつ子

手塚 みつ子

北海道出身、AB型。 好きな駄菓子は「どらチョコ」。 中学時代「ポテトスナック」との衝撃的出会いから一時しょっぱい系駄菓子に傾倒するも、二十歳を過ぎて再び「どらチョコ」路線に落ち着く。 特技は竹馬。なかなか披露の場がなく残念に思っている。