大人の放課後しようぜ!放課後駄菓子バー「A-55」の魅力

駄菓子屋ストーリー

大阪キタエリア梅田のとある一角に、なんとも異色な存在感を放つバーが存在する。

数々のメディアにも取り上げられているこのバーは、一度足を踏み入れたが最後、人々はその空間の圧倒的魅力に取り憑かれてしまうという。

そのバーは雑居ビルの4階にひっそりと、その異次元への入り口を構えていた……!

様々が置かれたバーの入り口
吸い込まれそうな謎の吸引力。

改めまして、駄菓子好きのみなさんコンニチハ!
わさびのり太郎をこよなく愛する女、右ききのユキです。

今回わたしが取材で向かった店の名は放課後駄菓子バー「A-55」

このお店、とにかくスゴイんです……!一体、何がって?

とにかく!まずはこちらの写真をご覧いただきたい。

カラフルなものが陳列された店内の様子

い、一体、何なんだコレは……!?!?(失礼)

とにかく物の量がカオス。こんまりさんも困惑するレベル。

年代モノで埋め尽くされた店内は、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさだ。

豊富な漫画が置かれた本棚
本の数もとにかくスゴイ。本棚上部にはお手製の年表も連なっている。

そして注目すべきはその物の多さだけでは無い。

壁面から!天井から!ありとあらゆる方面から!!!
我々の懐古という感情をガンガンに揺さぶってくるのである……!!!!!

ふと、天井を見上げるとデカデカとこんな文字が。

数字の書かれた紙が貼られているエアコン
君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない……

そう、ZONEの「secret base〜君がくれたもの〜」だ。
この曲中の歌詞に出てくる『10年後の8月』に、このA-55はオープンしたとのこと。
ふ、深い……。

そして壁や天井のみならず、机の上もご覧の通り……!

テーブルに置かれた様々なカード
机に敷き詰められたシール類。

まさに懐かしさの大洪水。
もはや自分の世代でないものですら懐かしい気がしてくる。(錯覚)

平成のポスターを抱える女性
スタッフさん考案の「平成レンタル」やってます
天井に貼られた数々のポスター
天井にまでびっしり……!!
こちらを向いて笑う人形
ケン……アナタったらこんなところに居たのね。

どうしてだろう、泣ける。泣けてしまう。
僕らが遠の昔に失ったハズの放課後が、間違いなくそこにはあった。

文字やイラストが描かれた黒板
日直システム、あったよなぁ……(遠い目)
イラストや文字が書かれた交換日記の一ページ
こ、これはプロフィール帳改め黒歴史製造機……っっ!!!
椅子に掛けられた複数のランドセル
ランドセルを背負って無敵に駆け抜けたあの日々……。

ここまで読んで、

「いや、駄菓子全然関係ないやんけっ!!!!!」

とか思われた皆さん……大変お待たせいたしました。

コレがA-55が世界に誇る駄菓子コーナーである!

テーブルや棚に置かれた駄菓子
どーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!
棚やテーブルに配置された駄菓子とおもちゃ
どどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!

スペースはぎゅっとコンパクトにまとまっているが、ものすごい種類の駄菓子が用意されている。

散りばめられたカラフルな駄菓子
積まれた駄菓子の数々
キャベツ太郎も、どんどん焼きも!!
籠の中に入れられた駄菓子
さり気ないカゴの中にも駄菓子がみっちり。

しかもこの駄菓子達、なんとチャージ料500円(/1h)のみで全員食べ放題になるというから驚きだ。

店長の田中さんに詳しくお話を伺った。

正面を見てほほ笑む女性と男性
右が田中店長。左はアルバイトスタッフのいおりさん。

このA-55というお店の名前は、『アフター5へGO!』という意味に由来しているんですよ。
仕事終わりに秘密基地に行って、みんなでワイワイ遊ぼうぜ!という意味が込められているんです。
お酒という大人の楽しみと駄菓子という子供の楽しみを掛け合わせて、大人の放課後を満喫する……そんな秘密基地のような、友達の家のような場所を作りたかったんです。」

A-55グループは日本駄菓子協会として、震災後の熊本の被災地に駄菓子を寄付したこともあるそうだ。

泣き喚いていた子ども達が駄菓子に大喜びし、その姿を見た大人達も安心するーーそんな姿を目の当たりにして、「駄菓子自体に、人を喜ばせる力、人を笑顔にする力がある。」という事実を改めて実感したという。

取り扱う駄菓子については「かなり種類は多いんじゃないかな。」と語る店長。
ホームページには100種類と掲載しているが、味ごとなどに数えるとなんと実際は200種類ほどあるそうだ。

ちなみに田中店長は「おにぎりせんべい」いおりさんは「蒲焼さん太郎」が好きな駄菓子であるとのこと。

ちなみにお客さんには、キャベツ太郎とうまい棒のめんたいこ味が人気だそう。

それにしても、駄菓子食べ放題だなんてガキンチョの頃の夢をこんなにも簡単にドリームカムトゥルーしちゃってもいいのだろうか。

駄菓子の値上がりも懸念される中、果たしてキチンと採算はとれているのだろうか……そんな不安すら筆者の胸をかすめた。

イラストと文字がカラフルに描かれた紙
まさかのアイスまで食べ放題!!

しかしながら、食べ放題を経てもなお、持ち帰りを希望されるお客様も多いようで、お客様のご要望に応えるべく、駄菓子の定価販売も行っているそう。

数字と文字が色分けされた書かれた紙
駄菓子愛を感じる手作りの年表も……!

ちなみにこちらの駄菓子ゾーン、ゆくゆくは更なる増設も検討されているとのこと。

駄菓子ファンとしては、思わず期待に胸が膨らむ。

店名と価格が書かれたメニューの表紙
メニュー表の可愛さ、この上なし。

駄菓子以外のフードメニューも充実しており、揚げパンミルクせんべいといった昔懐かしのメニューが人気だそうだ。

また、バースデープランでは、なんとお菓子の家でサプライズが出来ちゃうのだとか……!!

こちらは1日に2~3件予約が入ることも多い人気プランとのこと。
記憶に残るお誕生日になることは間違いない。

更に置かれたケーキを囲む駄菓子や飲み物
お菓子の家はなんと店長手作り!すごい!!!

「楽しい!面白い!懐かしい!」という感情をこの空間で味わっていただけたら、と語る田中店長。

20~30代をターゲットに据え、新しい世代のものも少しずつ取り入れながら、店内は常にアップデートを繰り返されている。

だからこそ、どの世代の人達も「俺らの時代だ~!!」と懐かしさを感じる仕組みになっているようだ。

「来た人に全力で楽しんで貰うために、全力で色んなモノを置いているという感じです。」
そのサービス精神旺盛っぷりは留まるところを知らない。

コスプレをしてこちらを見る女性と男性
コスプレもあるよ〜〜〜〜〜!

今後このお店をどうしていきたいか?という質問に対しては、
「みんなが楽しめるお店にしていきたい。」と語る。

お客さん同士で盛り上がって楽しめるように、普段お客さんとの距離はあまり詰めすぎないようにしているというという田中店長。

しかし、お客さんの間で出た些細な一言を彼は聞き逃さない。
お客さんの話題に上がっているアイテムをそっとテーブルに差し出したりするそうだ。

それを見たお客さんが「えー!これこれ!懐かしい!!!」とまた盛り上がる……まさに気配りの人である。

また、一方ではお店とお客さんとの交流の場もバッチリ設けられている。
お客さんが書いた絵日記には、スタッフさんが赤ペンで丸をつけたり、コメントをしたりしているそうだ。

絵と文字が描かれた日記帳の一ページ
何歳になっても花マルは嬉しい!

前回書いた絵日記へのコメントを楽しみに再来店されるお客様も多いようで、歴代の絵日記も全て保管してあるのだとか。愛ですな。

本が綺麗に収納された本棚
冊数がA-55の歴史を物語っています。

そんな付かず離れずな気遣いのある接客こそが、この空間そのものを誰もが心地良く感じる理由のひとつなのかもしれない。

リピーターや紹介、口コミによる来店がとても多いというのも納得である。

出口にさり気なく置かれた「おひとつどうぞ」がまたニクイ。

最後に、田中店長に駄菓子の未来について聞いてみた。

「いっぱい駄菓子を食べて欲しいです、駄菓子がなくなってほしくないんですよ。」と彼は語る。

「少子化で子どもがいなくなって、駄菓子屋さんもなくなって、コンビニとかで小さいスペースで駄菓子を置いてるという風になってきている中で、自分達が味わってきた昔ながらの美味しいものとか楽しいものをこれから産まれてくる子ども達にも残してあげたい。そして駄菓子を作っている会社も、この店も上手く回っていけばいいなっていう。めちゃくちゃ好きやった駄菓子がなくなるのって、やっぱり悲しいじゃないですか。そういうこともないように、出来るだけ貢献していけたら。」

駄菓子が人々に提供するモノーー。
それは単なる食べ物としての味の美味しさだけではなく、その楽しさ、そしてそこに広がる人々の笑顔であるといえよう。

店内にはお客様の楽しそうな声が響く。

「みんながハッピーになるお店だと思ってるんで。」
そう店長が語ったように、この店に訪れる人もまた皆笑顔だ。

そして、来た時よりも少しだけ元気になって帰っていくのである。

「駄菓子なんて長い間食べてないなあ……」
そんなしけた大人になってしまったあなたにこそ捧ぐ!

「今夜、秘密基地A-55集合!大人の放課後始めませんか?」

基本情報
【放課後駄菓子バー A-55】
*住所: 大阪府大阪市北区太融寺町7-11 フジノビル4F
*営業時間:【月~木・日】19:00~翌1:00 【金・土・祝前日】18:00~翌5:00
*連絡先:06-6948-5831
*定休日:第2・第4火曜日
*ホームページ:http://www.after5go.com/

駄菓子だけじゃなくて色んな懐かしアイテムが揃ってるのね!引き込まれる店内だわ。

The following two tabs change content below.
右ききのユキ

右ききのユキ

ココアシガレットで煙草を吸う真似を未だにしてしまう27歳ごきげんライター。 好きな駄菓子はわさびのり太郎。 海外旅行やライブや飲酒などの一人遊びが得意です。ヘアアクセサリーのバイヤーを3年ほど。
タイトルとURLをコピーしました