【全国駄菓子屋巡り対談Vol4】手塚みつ子さん

取材記事

全国の駄菓子屋さんに取材をさせていただき、その魅力を余すことなく発信する駄菓子屋情報メディア・全国駄菓子屋巡り。

全国駄菓子屋巡りチームのメンバーが丹精込めた記事をより多くの人に読んでいただくためには、記事でだけでなくメンバー一人ひとりにもより親しみを持っていただくことが大切と編集長は考えた。

そこで今回、私編集長・今野 隆吾がいつもは取材する側のメンバーへ逆取材を行い、駄菓子・駄菓子屋について熱く語ってもらった。

今回は記念すべき全国駄菓子屋巡りチームの一人目のメンバー・手塚みつ子さんにインタビューを行う。

先に言っておくと、この方は天才だ。

スポンサーリンク

Q1. 自己紹介

今野リュウゴ
今野 隆吾

手塚さん、本日は宜しくお願いします!

早速ですが、読者の方に向けて簡単な自己紹介をしていただけますか。

手塚みつ子
手塚みつ子

了解しました。

はじめまして。ひょんなことから全国駄菓子屋巡りをすることとなりました、新米ライターの手塚です。

実は、はじめ別件のお仕事で応募していたんですが、そちらでは不採用。慈悲深い編集長のご厚意により拾っていただいたのが、こうして駄菓子屋さんを取材するようになったきっかけです(笑)。

ファーストインプレッションを大切に、魅力ある店主に癒されつつ、駄菓子屋さんの今を取材していきたいと思います!宜しくお願いします!

Q2. 駄菓子屋さんの取材に行ってみて

お店の入り口
今野リュウゴ
今野 隆吾

皆さんに共通していることですが、駄菓子屋さんへの取材は人生で初めての経験だったと思います。

実際に取材に行っての率直な感想・印象を教えてください。

手塚みつ子
手塚みつ子

最初は何もかも手探り状態でしたね。

でも、そこまで上手に質問できなかった時も、店主の方々がとても親切丁寧に話してくださったので、とても取材しやすかったです。

最初の方は質問事項とか事前に作っていたんですけど、一字一句メモを取ってる余裕がなかったので、インタビューというより雑談を楽しんでいました。

そのあと帰り道の喫茶店で文字起こしして、撮影した写真と記憶をつなぎ合わせていましたね。

Q3. 駄菓子屋さんが持つ魅力

ガラス窓に貼られた店名
今野リュウゴ
今野 隆吾

取材に行った後で改めて感じる駄菓子屋さんの魅力を教えてください。

手塚みつ子
手塚みつ子

色々あるけど、やっぱり

駄菓子屋さんの魅力=店主の魅力

ですよね。

店主が魅力的なお店って、それだけお客さんとの繋がりも強くて、みんなに愛されているんだなって言うのを感じます。

今野リュウゴ
今野 隆吾

確かに。

僕も取材に行かせていただくことがありますけど、皆さん優しいですよね。

手塚みつ子
手塚みつ子

駄菓子屋さんを経営されている方で気難しい方に会ったことないです。

取材を始めたばかりの序盤はたまにお断りされることもありましたけど(笑)

Q4. 取材をする上で

今野リュウゴ
今野 隆吾

次はライターとしてのご質問になりますが、取材をする上で何か心掛けていることはありますか?

手塚みつ子
手塚みつ子

お店の第一印象をしっかり感じるようにしていますね。

そこから紹介する軸とか、タイトルを考えています。

今野リュウゴ
今野 隆吾

なるほど、そこで構成を考えているんですね。

手塚みつ子
手塚みつ子

あとは”目線”も大事にしています。

今野リュウゴ
今野 隆吾

目線?

手塚みつ子
手塚みつ子

はい、小学生だったらお店がどのように見えているのかなとか、一番買い物に来るであろう子どもの目線で駄菓子屋さんを見るようにしていますね。

今野リュウゴ
今野 隆吾

子ども目線でお店を見る、大事ですね。

僕が取材するときはどうしても自分目線でしか駄菓子屋さんを見れていなかったので、勉強になります。

ちなきに、文章力ってどうやって磨かれたんですか?

手塚みつ子
手塚みつ子

元々文章書くのは好きだったので、自然とって感じですね。

SNSに文章書いたりとか。

今野リュウゴ
今野リュウゴ

そうですか。

いや、常人には書けない文章をお書きになるので、いつも尊敬してます(笑)

あと上手過ぎず下手過ぎないあの絵もいいと思います!

手塚みつ子
手塚みつ子

ありがとうございます(笑)

時々思いついたことをそのまま書いちゃうんですよね・・・

そんな手塚さんのちょいふざけ記事はこちら

ハッピーターンおばさん
先日、おばと食事に行った時のこと。ひょんなことから「ハッピーターン」の話になった。今やスーパーのみならずどのコンビニを覗いても平然と棚に鎮座する、かの大人気商品「ハッピーターン」である。ハッピーターンおばさんその日おばは、ハッピ...

Q5. 駄菓子屋さんのことをもっとよく知ってもらうために

たくさんのおもちゃやお菓子が置かれた店内
今野リュウゴ
今野 隆吾

これもちょっと難しい質問で皆さんを困らせてしまうんですが、駄菓子屋さんの魅力をより多くの方々に知っていただくための取り組みについて、何かアイディアがあれば教えてください!

手塚みつ子
手塚みつ子

小学校への移動図書館的な取り組みは面白いなと思います。

確か四国の駄菓子屋さんで、そのような取り組みをされているところがあるらしくて。

子どもが駄菓子屋さんに足を運ぶのではなく、お店側が拠点を変えるという発想は良いですよね。

今野リュウゴ
今野 隆吾

なるほど!

移動販売車ってなんかテンション上がりますし、大人もきっと買ってくれるでしょうね!

手塚みつ子
手塚みつ子

今でもお店側も色々と工夫されているみたいです。

例えば以前取材させていただいた「フレンドショップ・ひまわり」さんは、近くの子どもたちが通う塾の時間に合わせて営業時間を調整されているそうです。

今野リュウゴ
今野 隆吾

皆さん色々試行錯誤されているんですね。

全国駄菓子屋巡りも最近Youtubeチャンネルを開設しましたが、記事・動画共により多くの人に見ていただけるよう、もっと考えていきたいです。

Q6. 一番好きな駄菓子

今野リュウゴ
今野 隆吾

最後に、一番好きな駄菓子をズバリ教えてください!

手塚みつ子
手塚みつ子

どらチョコです!

今野リュウゴ
今野 隆吾

了解です!

本日はありがとうございました!

さいごに

黄色い生き物と人々のイラスト

手塚さんは書かれる文章と実際にお会いした時のお人柄のギャップがすごい。

初めて文章を読んで、面談が決まったときは一体どんなエキセントリックな人が出てくるのかと身構えたが、お会いすると「フツーに良い人」で驚いた。良い意味で。

既に主に東京エリアでたくさんの駄菓子屋さんに取材していただいたいるが、今後もその才能を余すことなく全国駄菓子屋巡りで発揮していただきたい。

手塚さん執筆記事(一部)はこちら

駄菓子屋「きりんちゃんのだがしや」へ参る
駄菓子屋を彩るお洒落オブジェきりんとプチリッチマンへの道このほど訪れる駄菓子屋は恵比寿駅近く、広尾の地に店を構える「きりんちゃんのだがしや」かのお洒落地帯に、一小市民の私が訪れられるような“駄”菓子屋があっただろうかと一抹の不安を胸に駅...
駄菓子屋・まはろはなー下町スピリッツ物語ー
〜駄菓子屋の小粋な下町スピリッツとブタメンのちょうどよさ〜今回訪問したのは新御徒町駅からほど近く、下町風情が色濃く残る路地裏にひっそりと佇む駄菓子屋「まはろはな」ひょいと中を見ると日曜の昼過ぎということで、その駄菓子屋さんはなかなか...
西葛西の何でも屋!駄菓子屋・トミーショップ 
駄菓子屋?タバコ屋?宝くじ?~魅惑の三刀流~びゅうびゅう木枯らし吹きすさぶ中、行ってきました西葛西!こちら!ひさしに、味のある看板。お店に入ると、左手棚にはタバコがずら~~~り。中央には宝くじがデデンと構え、右手に広がる...
赤羽の駄菓子屋「お菓子の種屋」~ふたつの種屋と愛妻家剣士~ 
先日ご紹介した西葛西の「トミーショップ」さんに勧められてこのたび訪問したのは赤羽中央街入口、5つの道が交差するバツグンの立地に佇むレトロな幾何学模様が目を引く駄菓子屋「お菓子の種屋」!はいもうこのエントランス!入ってしまう...
The following two tabs change content below.
今野 隆吾

今野 隆吾

株式会社アナザーパス取締役兼全国駄菓子屋巡り編集長。 ちなみに”コンノ”じゃなくて”イマノ”。 駄菓子との本格的なお付き合いは大人になってから。 散歩とタピオカ(特に黒糖)が好き。 最近は写真撮影と動画制作がすごく楽しい。 使用機材はSony α7iiiとDJI Osmo Pocket。