創業54年の愛があふれる駄菓子屋「マルヒデ商店」~愛知県岩倉市~

取材記事

こんにちは、さくらです。

今回お邪魔してきたのは、愛知県岩倉市にある駄菓子屋・マルヒデ商店さん。

実は、前回取材させていただいた「お菓子のデパートあさい」社長・浅井俊晴さんの幼馴染の方がやっていらっしゃるとのこと!

【番外編】激安のわけを探れ!愛知県小牧市「お菓子のデパートあさい」
こんにちは、さくらです。今回は、愛知県小牧市にある「お菓子のデパート あさい」さんへお邪魔してきました。デパートというくらいだから、さぞかしたくさんの駄菓子に出会えるハズ!と期待に胸をふくらませ、お店の中へ入ってみました。広い店...

取材を通して、こんな素敵な繋がりを知ることができるとは嬉しい限り!

ということで、迷わずこちらへ伺わせていただきました。

スポンサーリンク

川沿いにたたずむ、レトロな愛知の駄菓子屋さん

大通りから細い路地に入り、川沿いを進むと見えてきました、マルヒデ商店さん。

きのこの形を模した木の置物。
かわいいキノコが出迎えてくれます

店内に入ると、子どものころに遊びに行った祖母の家を思い出すような、なんとも懐かしい雰囲気。

丁寧に陳列された駄菓子と玩具
入ってすぐの棚には昔ながらのおもちゃがたくさん。
綺麗に陳列された色とりどりの駄菓子
おもちゃの奥にあるのが駄菓子コーナー

お店に立つのは、店長の金子由美子さんと、息子さんの大助さん。

微笑む男性と女性
とっても優しそうなお2人です!

由美子さんのご両親が始められたマルヒデ商店さんは、今年で創業54年にもなるそうです!

お会計に使うそろばんを発見したときには、さらに昭和レトロを感じられて思わず興奮。

そろばんを使って計算する女性
「電卓もあるんだけど、私はいつもそろばんなのよ」

昔ながらの駄菓子屋さんは減っていく一方だからこそ、このようなお店はとても貴重ですよね。

近所の子どもたちはもちろんのこと、昔ながらの駄菓子屋さんに子どもを連れて行きたいという親御さんが遠くから車で来店されることも多いと言います。

さらには!東京の某大学の学生さんが「駄菓子屋」をテーマにした卒論の研究のため、何度も何度もお店に通ってきたことがあったとお話ししてくれました。

その方は、ご結婚されるときに愛知の文化を取り入れたいと、お店に嫁入り菓子を注文されたそうで。

なんて感動的なお話!!

マルヒデ商店名物!オリジナル「お菓子くじ」に挑戦!

さて、売り場を覗いてみましょう!

棚に置かれた様々なお菓子

なるべく国産の駄菓子を販売したい!というこだわりのラインナップ。

そんな中、どのお店で聞いても子どもたちに大人気なのが「クジつき菓子」。

もちろんこちらのお店にも並んでいるのですが、マルヒデ商店さんはオリジナルのお菓子クジを作っていて、名物になるほどの人気を誇ります。

プラスチック容器の中に入った紙
1回30円のマルヒデ商店クジ

30円でクジを引き、45番までが出れば「アタリ」46番以降は「ハズレ」

引いた番号のシールがついた駄菓子が受け取れます。

駄菓子のグレードに差はあるものの、ハズレでもちゃんともらえるのはうれしい。

ダンボールの中に入れられたお菓子のパッケージ
アタリBOX
ダンボールの中に入った有名なお菓子
ハズレBOX

こう見ると「ハズレBOX」の駄菓子も、全然ハズレじゃないですよね!

マルヒデ商店さん太っ腹です!

この菓子クジは、あくまで子どもたちへのサービスで行っているそうなのですが、今回は特別に私もチャレンジさせていただきました。

像のイラストが描かれた赤くて小さい紙
1枚引いて…
数字が書かれた紙と奥に見えるお菓子
めくってみると、40番!やった~!アタリ☆
パンダの顔が書かれた白を基調としたお菓子の袋
さくさくぱんだをGET!!

ハズレBOXの注意書きにムキにならず たのしくひいてねと書いていたとおり…

欲しい駄菓子を当てるまで、このクジばかりに所持金を費やしてしまう子もいるそうです!

そのため、準備していた景品のお菓子は1日でほとんど無くなってしまうのだとか。
そこで<1日1人10回まで>というルールも設定されていました!

でも、何度でも挑戦したくなっちゃう気持ち、ちょっと分かるかも。。。

袋菓子の「ばら売り」やってます!

売り場を見ていると、ほかにも気になるものを発見。

プラスチックの容器に入ったお菓子
袋入りで売ってるはずのお菓子が、ばらばらに!

え?ルマンドが単品で10円!?
ほかにも、チョコレートやラムネを一つ5円や6円で買うことができます。

プラスチックの箱に入った小さいお菓子

袋菓子のばら売りって、なかなか無いですよね。
ばら売りだからこその激安価格設定も、お小遣いの限られた子どもに優しいし、大人にも嬉しい。

「メーカーさんにはあまり喜ばれないんだけどね。うちは自由に好きにやってるから。」と大助さん。
この、良い意味でのんびりとした、しがらみに捉われない感じが何とも素敵です。

ちなみに、先ほど紹介したお菓子くじの景品の中にも、ばらのハイチュウが入ってます!

プリンの形をした小さいマシュマロ

くじを引かなくても1粒15円で販売してくれるそうですが、ばらにしちゃうと元のパッケージを見られないので味は食べてのお楽しみ。

う~ん、マルヒデ商店さん、面白い!!

「おなかがすいた子」「家出をした子」海よりも広い心で、どんな子も受け入れる

子どもたちとのエピソードを伺う中で、なんと言っても驚いたのが店主のお二人の底知れぬ懐の深さ!!

たとえば…

お買い物に来た子が「のど渇いた~!」と言えばお茶を出してあげる。
「おなかすいた~!」と言えば、ラーメンやたこ焼きを出してあげる。

そのために、日ごろから冷凍のたこ焼きを買っておいて常備しているそう。

「こんなことやってるから儲からないんだよね」

と苦笑する大助さんですが、それでも今日もまた、お腹をすかせた子どもたちをきっと笑顔にしていることでしょう。

その他、お店のお手伝いと称して、友達同士でお互いの買い物のお会計をさせてあげたり…

一輪車やキックボードの貸し出しもあったり…

棚に積まれたダンボールと青い一輪車
ブレイブボードもありますね!

レンタルまでできるって…もはや児童館!?
いや、児童館をとっくに越えて、親戚のお家のような居場所ができあがっています。

中には、親御さんと喧嘩して家出をしてきた子もいて、その日寝るための段ボールのテントを一緒に作ったことも!

もちろん本当にそこで寝かせることはなく、夕方寂しくなって、たった数軒先のお家へと戻っていく様子を見届けたそうです。

後から聞けば微笑ましいエピソードですが、なかなかそこまでできるものじゃないです!
子どもたちへの愛があってこそ。

「親に言えないような悩みだってあるだろうし、そういうのをここで話してくれたらいいよね」

と語る由美子さん。

商売を越えて、こうして子どもたちを見守っていくのがお店のやりがいになっているということが、ひしひしと伝わってきました。

冷蔵庫に入ったペットボトルの飲料
レジの横に、かわいいてるてる坊主が♪

「このてるてる坊主も近所のお子さんが作ったんですか?」

と聞いてみると、

「近所の中学生の修学旅行があるっていうから私が作ったの。」

と由美子さん。

優しい!優しすぎる!!

ここでは紹介しきれないほどたくさんのエピソードを伺いましたが、どのお話にも子どもたちへの愛が詰まっていて、いつまでも変わらないでいてほしいと心から感じました。

まだまだ色んなお話を聞いていたい!と思いましたが、名残惜しくもお店を後にしたところ…

お店の外に用意された水鉄砲を見つけて思わずニヤリ。

黄色いバケツに入った水

もうすぐ夏。

ここで水鉄砲を射ち合って楽しむ子どもたちと、それを温かい眼差しで見守る由美子さんと大助さんの姿を目に浮かべながら、なんともホッコリな気分で帰路に着いたのでした!

基本情報
【マルヒデ商店】
*住所:愛知県岩倉市神野町川添23-1
*営業時間:9:00~18:00
*定休日:日曜日
*連絡先:0587-37-2541
*ホームページ:https://maruhide.qt-space.com

子どもたちへの深い愛情を感じるわ。家以外の「子どもたちの居場所」って大切よね。

The following two tabs change content below.
さくら

さくら

名古屋市在住、2人の男の子の母親です。 昔はピアノとテニスが趣味でしたが今はどちらも影をひそめ、次男の幼稚園入園とともに駄菓子ライターとして活動を始めました! 生クリームとチョコレートをこよなく愛する、かなりの甘党です。