駄菓子を鉄板焼きで食べる!?「つねかわ」~名古屋市北区~

取材記事

こんにちは、さくらです。

今回は、名古屋市北区の駄菓子屋さん「つねかわ」さんにお邪魔してきました。
他のメディアにも多数取り上げられている、名古屋では有名なお店です。

他では見たことのない、駄菓子を使ったオリジナルメニューがあり、ずっと気になっていました。
ご紹介できるのはほんの一部ですが、きっとあなたも試してみたくなるハズ。

青い看板のお店
スポンサーリンク

駄菓子屋・つねかわ店主は御年70歳!とっても元気なお母さん

まずはこの外観。どこからどうみてもお好み焼きさんだけど、本当に駄菓子売ってるの?
と思いながら入ってみると、たしかにありました!

駄菓子が置かれた店内の様子
懐かしい駄菓子がズラリ!

お店を切り盛りするのは、25歳の時から45年間、鉄板の前に立ち続ける恒川幸子さん。

もともとは子育てしながらでもできる仕事を、とのことで鉄板焼きのお店を始め、当時はお店の下に駄菓子屋さんがあったそうです。

その後、
「お好み焼きが焼けるまでの待ち時間に食べられるお菓子でも置いてよ!」
とお客さんに言われたことから駄菓子も販売するようになり、今のお店が出来上がりました。

なるほど、どうりで見た目はお好み焼き屋さんなわけでした!

「45年間、お店の中にしかいないから外の世界のことは何にも分からないの。」

とおっしゃる恒川さんですが、

鉄板越しにお客さんとお話をするお姿を見ていると、「天職とはこのことか!」と感じます。

あらゆる世代のお客さんとお話をしながら45年という長い年月をお店の中で過ごしてこられたと思うと、

そのお元気さはもちろん、お店への愛情、そしてお客さんへの愛情も感じられ、とても温かい気持ちになりました。

お店に立つ女性
笑顔がとっても素敵です!

駄菓子と鉄板焼きがコラボしたオリジナルメニュー「こんじょう焼き」ってナニ!?

メニューが書かれた白い紙
赤枠内のメニューにご注目!!

さて、駄菓子を使った「つねかわ」名物をさっそくご紹介しますね。

私が今回オーダーしたのは、こちらの3品。
「こんじょう焼き」80円
「スナックロール」100円
「もちホタラ」170円

まずは、どうしても気になる!!!!こんじょう焼き!!!

これ、何だと思いますか?こんじょう焼き…目の前には鉄板…
まさか、腕を出してジュッ!?
なわけないですよね(笑)

こちらの駄菓子を使います!

駄菓子と奥に立つ女性
これを使ってこんじょう焼き。どんなの想像しますか!?

これを鉄板で焼き、ソースを絡めます。

鉄板焼きで焼かれるイカのお菓子
これだけでも美味しそうでヨダレが…

あとはコチラをお好みでかけるだけ♪

七味唐辛子と奥にあるお菓子

唐辛子をかけなくても、元が激辛味なのでそれなりにピリッとするし、焼いてソースをかけただけで美味しいんです。

お酒のおつまみにも最高!!

でも、小学生男子の楽しみ方は違います。

これでもかってほどに七味唐辛子をかけ、限界にチャレンジ!!こういうときのノリってほんと危険。

もっといけるだろ~!根性出せ~
なんて声が聞こえてきそう。

辛さに耐える、こんじょう焼きです!
ぜひともお店で、根性試してみてください(笑)

鉄板焼きに置かれた白い駄菓子と七味唐辛子
せっかくなので大量投入して根性試し!
七味唐辛子をかけられたお菓子
やりすぎました。めっちゃ辛い(泣)

続いてスナックロール。今度は何でしょうか!?
駄菓子屋さんに行けば必ず買える、こちらを使います!

うまい棒と皿に置かれた卵焼き
うまい棒!!

私は王道めんたい味をチョイス♪

すると恒川さんは手際よく卵を溶き、鉄板で薄焼き卵を作ります。

そして卵の上にうまい棒を乗せて、卵をクルクルと巻き、青海苔を振ったら、あっという間にスナックロールの完成!

卵焼きの上に置かれた棒状のお菓子
卵にうまい棒を乗せて
卵に包まれた棒状のお菓子
クルクル巻いて
卵にくるまれたお菓子
青海苔を振ったらもう完成!

2本の串を刺して、豪快にかじります!

卵焼きを食べる女性と奥に立つ女性

皆さん!!卵とうまい棒、合いますよ~!!!

時間が経つと、中のうまい棒がしなっと柔らかくなってしまうので、出来たてサクサク食感のうちに、一気に食べちゃいましょう!

ほかの味のうまい棒も、いろいろ試してみたくなりました。
ぜひお店でお好みの味を選んで、恒川さんに渡してみてくださいね。

そして最後に、もちホタラ。
こちらは文字通り、お餅とミニ帆たらを使ったメニューです!

プラスチック容器の中に入った串上のお菓子
これ単品で、お好み焼きのお供に注文しているお客さんもいらっしゃいました♪

鉄板でお餅を潰して薄く延ばし、ミニ帆たらを巻いて、にんにく入りの醤油をかけて完成!!

はい。美味しいに決まってるヤツです!

ビールのおつまみにも最高です。

串にささった茶色いお菓子
何個でもいけちゃう美味しさ!!

驚きなのは、これらの駄菓子を使ったメニューは、

お店に来る子どもたちが考えてメニュー化されたものなんですって!!

鉄板の前に立つ恒川さんとお客さんと、二人三脚で作り上げられてきたお店なんですね。

つねかわにある駄菓子のご紹介

基本的には鉄板を使ったメニューを店内でいただくお店ですが、

もちろん駄菓子のみのお買い物もOK。

ガラスの棚に陳列された数々の駄菓子
スナックロールに使ううまい棒は、特に種類豊富です♪

テーブルを囲うようにビッシリ並ぶ駄菓子の中から、こんな物も発見しました!

プラスチック容器の中に入ったお菓子
ソーセージ!20円也。

これ、駄菓子???子どものころに行った駄菓子屋さんには置いてたかなぁ?

少なくとも私が駄菓子の取材を始めてからは、初めて見ました。
でも、とにかく懐かしい~!!

それから最近売れているという駄菓子がコチラ。

袋に入ったスナック菓子
ガリボリラ~メン。20円也。

今回初めて出会った駄菓子でしたが、うん、美味しい。

見た目はカップ麺のお湯を注ぐ前の状態のような、ヤッターメンを大きくギュッとくっつけたような感じ。

麺のお菓子
その名の通り、ガリボリと音を立ててかじります♪


そこそこの大きさあるので1袋で満足度も高し。これで20円とはコスパ最高!

つねかわは基本お休みなし!お客さんが来てくださるから…

定休日は設けず、用事のある日以外は毎日お店に立つという恒川さん。

それを45年間ずっと続けるなんて…休むことばかり考えて生きている私には考えられません!!

思わず聞いてしまいました。

「お出かけしたり、ゆっくり休んだりしなくて大丈夫なんですか!?」

しかし恒川さんにとってはお店に立っていることが日常。

以前、旅行に出て数日お休みしたことがあるそうですが、帰ってきたらお店の前でお客さんが開店を待っておられ、急いで荷物を置いてそのままお店を開けたのだそうです!!

旅行から帰った当日まで、お休みしないなんて!

この、お店に来てくれるお客様一人ひとりを大切にされる姿勢、
そして自分=お店という強いお気持ちがあるからこそ、45年もの長い間お店を切り盛りしてこられたのだと、ただただ感銘を受けたのでした。

そんなお人柄ゆえに、開店当初のお客さんがお子さんを連れて、

さらにはお孫さんも連れて3代でお店に来られることもあるそうですよ!

「嬉しいよね」と恒川さん。

そんなお客さんがいらっしゃることも、お店を続ける活力。

たこ焼きを作る女性

名古屋の方に限らず、ぜひぜひ一度訪れていただきたいお店です。

そして、いつまでもお元気に続けていただきたいと心から願いながら、お店を後にしたのでした。

今回も、駄菓子を通じて得た素敵な出会いに感謝です♪

基本情報
【つねかわ】
*住所:〒462-0803 愛知県名古屋市北区上飯田東町1丁目37
*営業時間:不定休(11:00~20:00) 
*連絡先:052-912-2572

駄菓子の新しい楽しみ方ね!スナックロール美味しそう!

The following two tabs change content below.
さくら

さくら

名古屋市在住、2人の男の子の母親です。 昔はピアノとテニスが趣味でしたが今はどちらも影をひそめ、次男の幼稚園入園とともに駄菓子ライターとして活動を始めました! 生クリームとチョコレートをこよなく愛する、かなりの甘党です。