ドキドキ!爬虫類のいる「駄菓子屋すーさん」〜愛知県津島市〜

取材記事

こんにちは、つくり子と駄菓子ボーイです。

今回は、爬虫類のいる駄菓子屋さんがある!?という情報を手に入れ行ってきました!

が・・・動物園の爬虫類ゾーンでさえ苦手な私が、爬虫類を前にちゃんと取材できるのか!?

大丈夫か?

と、不安なまま、ドキドキしまくりだった取材の様子をどうぞ。

(※爬虫類苦手な人は閲覧ご注意ください!)

のどかな田園と住宅街の間にある古民家「駄菓子屋すーさん」
スポンサーリンク

愛知県の駄菓子屋すーさんには本当に爬虫類がいるの!?なんでいるの〜!?

のどかな田園を通り抜けた路地に「駄菓子屋すーさん」を発見!ドキドキ。

お店の前では、子供たちがワイワイしていたので「こんにちは〜」と挨拶すると、
「ここから入れるよ〜」と玄関を開けてくれました。

オープンして2年目。看板がなければ、駄菓子屋とはわからない、普通の古民家。

玄関で靴をぬいで「おじゃましま〜す」と、お店へ入ります。

木目調の店内
古民家の中には、きっちり並べられた駄菓子
プラスチック容器に入ったお菓子
値段もわかりやすい大きい文字
赤い袋に入ったスナック菓子
どんどん焼 キムチ味(20円)

中に入ると、自然の光に照らされ、キレイに駄菓子が並んでいました。

ほぉ〜「どんどん焼」にキムチ味なんかあったんだ〜辛いのかな〜これは食べたいなぁ〜と手にとりながら写真をパシャパシャ撮っていると・・・

「こんにちは〜この子も写真撮る?」との声に振り向くと!!!!

爬虫類を抱いた男性
店主すーさんと、、、何やら噂の爬虫類!

そこには、オオトカゲを我が子のように抱っこした店主のすーさんが!

ドキドキを隠しきれずの私ですが、挨拶もそこそこに…カメラ越しに近づいてみました・・・

長い舌を出す爬虫類

舌ペローーーーン!ペローーーーン!
うおぉぉぉーーーー!!!

ドキドキを隠しきれず、思わず声出しまくりの私でしたが、なんとか長い舌のぺろりん写真の撮影に成功!そう。こ、こ、こ、これが噂の爬虫類ですね!

「そうこのお店は、爬虫類が普通にいるから、それが普通すぎてお客さんも特別と思ってないんだよね〜!」

なんてニコニコ笑顔で話す店主のすーさん。

「はじまりはね、行き場を無くした爬虫類の保護をしたところからなんですよ。僕も前は爬虫類が大の苦手だったけど、保護する爬虫類がどんどん増えて、そうも言ってられなくなちゃって。今じゃみんなかわいいんですよ。」

すーさんはそう言うと、オオトカゲのとんとんをやさしく床に降ろしました。

(うわぁ!下に降ろした!)

走ってこないか?噛まないか?爪でひっかかれないか?大丈夫か〜〜〜!?

内心ドキドキの私をよそに・・・

床を歩く爬虫類
オオトカゲのとんとん

オオトカゲのとんとんは、ゆっくり、のっそり、自分で歩いてお部屋へ帰っていきます。

あれ、、、かわいい動きじゃないか。なんか、かわいい?

私の爬虫類苦手意識が、だんだん急降下しているとすーさんが

奥の部屋にもまだまだ爬虫類がいるよ!ヘビもいるよ!」こっちおいで〜と。
ん!?ヘビ!!??ソレハムリカモシレナイ・・・
そう思いながら、奥の部屋へ。

トカゲ・カメ・ヘビ!爬虫類ルームは子供たちの癒し♪

駄菓子屋奥の爬虫類ルーム

駄菓子屋の奥にある爬虫類部屋には、トカゲ・カメ・ヘビの飼育箱がたくさん並んでいました。

か・か・かわいい顔のブタ鼻のカメ♪
小さいトカゲの餌やりも鑑賞
ニシキヘビ!!!!

・ケガをしたり、保護した爬虫類の話。
・水槽から器用に脱走をするカメちゃんの話。
・餌の虫にカルシウム粉をまぶして餌やりする話。
・ヘビの脱皮の仕方や抜け殻のコレクション。

などなど、すーさんの豆知識と一緒に、爬虫類たちを紹介してもらっていると…
なんだか自然と、爬虫類たちに慣れ、むしろ可愛さが増してきました!
それを伝えるとすーさんが…

「この店ね、爬虫類がいるのに、お客さんは女の子が多いんだよね〜!」

それにはびっくり!!
でも確かにこの日も、常連客の女の子がトカゲちゃんとたわむれていました。

トカゲに触れる女の子
トカゲを愛でる女子たち
ソファで寛ぐ男の子とトカゲ
部屋に馴染みすぎているトカゲのカンキチくん、どこにいるかわかりますか!?

「お店にはね、不登校になったり、ひきこもりになった子どもも時々来るんだけど、そんな子と一緒に爬虫類を通じて会話してたら、子どもたちがどんどん元気になるんだよね。人間より小さいこの爬虫類たちが、生きる力を与えてるのかな。」

そうすーさんがお話してくれました。

なるほど、爬虫類にはそんな未知なる力があるのか。

爬虫類が、苦手や怖いとか言っちゃって本当にゴメンナサイーーー!

カメにエサをあげる男の子
駄菓子ボーイくんもホシガメの餌やりさせていただきました♪

すーさんオススメ!あの駄菓子を冷凍するとおいしい!

すっかり爬虫類ショップに遊びに来ていた気分でしたが…
大切なのは、駄菓子屋の取材!!

「そうだ!オススメの駄菓子があるんだよ〜これ食べたことある!?

と、すーさんに案内されたのは、冷凍庫!?その中には、ジュースと…

え!?蒲焼きさん!?

冷凍庫の中に入った駄菓子
冷凍庫に入ったジュースと蒲焼さん!?

「冬はストーブの火で炙って焼いて食べてたけど、今から暑くなる時期は、冷凍した蒲焼きさん美味しいんだよ!!パリッてして食べてみて!」

そういうと、すーさんはおもむろに袋をあけてくれました!

硬くてパリパリの冷凍蒲焼きさん太郎(10円)

一口食べてみると、パリッパリ!歯に刺さりそうなくらいパリッと食感!

普通に食べる蒲焼きさんよりも、味が濃く感じます、子どもにも人気だそうですが…これ

冷凍蒲焼きさんは、ビールに合う!!!!

また新しい駄菓子の食べ方を教えてもらえて感動です。

駄菓子屋すーさんを巣立っていく子どもたちへ

テーブル越しに遊ぶ子どもたち
常連さん女子たち

オープンしてまだ2年だというのに、すっかり地域に馴染みまくりの駄菓子屋さん。

近所の子どもたちの集合場所・食事の場所・勉強場所・お悩み相談場所…

そういう場所を作るのが夢だった、と話す店主すーさん。

すると、部屋の上に飾っている赤い看板が目にとまりました。

「これはね、小学校6年生の子達に書いてもらったんだよ。12歳の子たちの8年後、二十歳の自分に向けたメッセージ!」

メッセージが書かれた赤い板

この子たちが大きくなっても、二十歳になっても、またお店に戻ってきて
「すーさん久しぶり〜!」
なんて声かけてくれたら、そりゃもう嬉しいでしょ!

爬虫類もそうなんだけど、子供たちの小さな成長と大きな成長を見守るのが、僕の生きがいなんだよと話してくれるすーさんが、どことなくキラキラ輝いていました♪

子供たちに愛されるすーさん

最初は、爬虫類がいるなんてドキドキ!!と挑んだ取材でしたが
帰る頃には爬虫類のいる空間にすっかり慣れ、逆に爬虫類たちの動きがかわいくさえ思い、最後には子供たちを愛するすーさんの話に感動し、目がウルウル。

心やさしき店主すーさんと、癒し系爬虫類のいるお店「駄菓子屋すーさん」にぜひ訪れてみてください♪

基本情報
【駄菓子屋すーさん】
*住所:愛知県津島市宝町13
*営業時間:昼すぎ〜暗くなるまで(水曜定休日)
すーさんのFacebook

可愛い爬虫類たち!すーさんの子ども達への想いも素敵だわ。

The following two tabs change content below.
つくり子

つくり子

食べること作ることが大好きな、料理作家つくり子です。 TV業界で培った取材力を生かし、息子の駄菓子ボーイくんと共に、いろんな駄菓子屋を巡っています♪ 日本が誇るおいしい文化を、どんどん掘り下げたいと思います!