駄菓子の王道をはずれた食し方~ご飯に合う駄菓子~

駄菓子紹介

3度の飯より駄菓子を愛する筆者にとって、駄菓子はもはや3時のおやつではなく、立派な食事なのである。

小腹が空いたらうまい棒を食し、

「今夜はガッツリ行きたいな!」

と思えばブタメンを買い込む。

駄菓子は子どものころを思い出させてくれるタイムマシーンでもあり、人生そのものなのである。

とはいえ、一般の人々からすれば駄菓子はまだまだおやつの域を出ない。

「駄菓子は子どもが好んで食べる安くてあんまり体に良くないもの」

と思っている全国のお父さんお母さんの常識を今日筆者が覆す。

今回は「ご飯に合う駄菓子」をいくつかご紹介していくので、明日からお子さんのお弁当メニューに是非とも加えていただきたい。

スポンサーリンク

ご飯に合う駄菓子No.1:ベビースターラーメン

ラーメンのお供に半ライスを注文するのが最早当たり前となっている昨今。この組み合わせがご飯の味を引き立たせることに疑問を抱く人はいないだろう。

そのままお茶碗の上に乗せてもよし、おにぎりの具にしても問題ない。

「どうせ今日も梅干しと昆布だろ・・・」

おにぎりへの希望を失った子どもが一口かじった瞬間、そこにベビースターの姿があったら、喜びのあまりその場で小さくガッツボーズしてしまうこと間違いなしだろう。

ご飯に合う駄菓子No.2:うまい棒めんたい味

世界最高の棒として名を馳せるうまい棒がついに食卓に降臨する時が来た。

そのまま乗せてしまってはご飯が存在感を奪われあまりに可哀そうなので、まずは袋のまま強く握って粉々にし、ふりかけ状にしてご飯にかけることをおすすめする。

幼稚園や学校でのお弁当の時間、子どものお弁当箱からうまい棒が出てきても先生は叱らないであげてほしい。

そこでのうまい棒は駄菓子ではなく、ご飯を彩る極上のスパイスなのだから。

ご飯に合う駄菓子No.3:ビッグカツ

言うまでもない。カツをご飯の上に乗せるのだから無論カツ丼である。

ご飯に合う駄菓子No.4:焼肉さん太郎

言うまでもない、焼肉をご飯の上に乗せるのだから無論焼肉丼(要は牛丼)である。

但し少し固さが残るので、そのまま乗せるのではなく予め細切れにしておくと食べやすいぞ!

ご飯に合う駄菓子No.5:蒲焼さん太郎

言うまでもない、蒲焼をご飯の上に乗せるのだから無論うな重である。

尚、原材料はうなぎではなく魚のすり身なので厳密にはうな重にはならない。

後でクレームとなっては困るので心苦しいがここで申し上げておく。

ご飯に合う駄菓子No.6:ポテトチップスのり塩味

これを駄菓子と呼ぶかというと筆者は若干否定的だが、「ご飯に合うか」という観点で考えたときどうしても外すことができなかった。

こちらもうまい棒と同じ、袋の中で粉末状にしてふりかけることをおすすめする。

こちらはふんだんに塩を含んでいるので、これでおにぎりを作ってみても良いだろう。

「~ちゃんちのおにぎり、じゃがいものあじがするぅ!」

お子さんの学校で話題のおにぎりお母さんになるのも夢ではない。

ご飯に合う駄菓子No.7:どんどん焼き

ソースとご飯がよく絡む絶妙なハーモニーを生み出す駄菓子はこちら。

一口一口が小さいのでそのまま乗せるもよし、粉末状にしてふりかけにするもよしだ。

ご飯に合う駄菓子No.8:マヨたら

全国のマヨラーにお知らせしたい駄菓子がこちら。

世の中の食べ物という食べ物にマヨネーズをぶちまけマンネリ気味のマヨラー様にはぜひとも試してほしい。

普通にご飯に乗せるのも良いが、これでご飯を包み込んで手巻きずしのようにして食べるのもGOOD。

ご飯に合う駄菓子No.9:タラタラしてんじゃね~よ

パッケージ記載の通り、ピリ辛のエスニック風味なので、ご飯に乗せればどこか異国情緒あふれる東南アジア風ご飯の完成だ。

自宅で手軽に、格安で海外気分を味わいたい方にこちらの駄菓子をおすすめしたい。

ご飯に合う駄菓子No.10:カレーせん

言うまでもない、カレーをご飯の上に乗せるのだから、無論カレーである。

カレー味のふりかけは普通に販売されているので、

「ご飯に駄菓子はちょっと・・・」

と思っている方も気軽に試せる一品だ。

食卓に駄菓子の導入を決意した人の登竜門的存在とも言える。

駄菓子に対する価値観は変わっただろうか。

駄菓子はあなたの努力と想い次第でいかようにも形を変えること、理解できたと思う。

これらの組み合わせは、マンネリ化した食卓に新たな風を吹き込む劇薬となること間違いなしだが、その他のメニューでしっかりと栄養バランスを考えることを強くおすすめする。

The following two tabs change content below.
今野 隆吾

今野 隆吾

株式会社アナザーパス取締役兼全国駄菓子屋巡り編集長。 ちなみに”コンノ”じゃなくて”イマノ”。 駄菓子との本格的なお付き合いは大人になってから。 散歩とタピオカ(特に黒糖)が好き。 最近は写真撮影と動画制作がすごく楽しい。 使用機材はSony α7iiiとDJI Osmo Pocket。
タイトルとURLをコピーしました